在宅ワークで腰痛 肩こり 眼精疲労 頭痛に悩まされていませんか?

世の中、まだまだコロナの話題が多く、連日感染者が出続けています。
コロナの話題が出ると気分も暗くなり、神経質になりがちです。
そうなると、免疫力が下がるってご存じですか?

必要以上に怖がったり不安になったりすることでと免疫力が下がり、
病気はもちろん、感染症にもかかりやすくなるそうです。

また、在宅ワークで腰痛、肩こり、眼精疲労、頭痛などの症状にも悩まされていませんか?
巣ごもりでの長時間のパソコン、テレビ、ゲームの時間が増えたことも原因の一つです。

今回はそんな気分や症状を和らげるために「笑い」についてお話します。

よく「笑いは健康にいい」と言われますが、本当にそうなのでしょうか。
今回は笑いがもたらす効果についてお届けします。
眉間のしわを伸ばして、ニコニコと笑いながらお読みくださいね。

☆ 「笑う人は病知らず」のメカニズム

私たちは、どんなに気を付けていても、体に悪いものが全くない環境に身を置くことはできません。
いつの間にか体に不要なものを取り込んでいて、体も勝手にがん細胞をどんどん作ってしまいます。
でも、そんな状況でどうしてすぐに病気にならないのでしょうか?
それはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働きによるところが大きいのです。

NK細胞はその名の通り、生まれつきの殺し屋。
体内を常に独自でパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを発見すると、
攻撃指令がなくても戦闘態勢に入り、強大なパワーで敵を殺してしまうという性質を持っています。
このNK細胞を増やすのに効果的なのが、食事や運動のほかに「笑うこと」だとされています。

漫才、落語などを見た直後、血液検査を行った結果、18人中14人が、
NK細胞の活性値が上昇したという研究結果もありますから、
笑いとNK細胞が密接なかかわりを持っていることが分かりますね。

☆ 口元が微笑んでいるだけでも効果的

「笑うことがそんなにいいなら、じゃあ笑いまくろう!」
と思っても、実際にはなかなか難しいですよね。
お笑い番組が面白いと感じるかどうかも人それぞれですし、
だいたい面白くもないのにゲラゲラ笑っていると、
かえって変な人だと思われてしまいます(笑)

NK細胞を活性化させるには、何もゲラゲラと大声で笑わなくてはならないわけではありません。
にっこりとほほ笑むだけでもOK。

あなたの職場にもいませんか?
同じ仕事をしてても眉間にしわが寄っている人と、いつも口角が上がって微笑んでいる人が。

誰でも後者の方に話しかけたくなりますし、話す機会が増えればますます笑ったり、
楽しい気持ちになったりする回数も増えますよね。
常に微笑んでいるだけでも、とても効果は大きいのです。

☆ 「毎日がネタ作り」と思えば笑いが絶えない!

今日からほほえみ生活に切り替えたとしても、やはり人間いつも幸運なわけではないし、
嫌なことを言われたり、運の悪いことばかりが続いたり・・という日もあります。
そんなときはどうしたらいいと思いますか?

あなたのまわりに「何でも笑いにかえちゃう人」がいませんか?
失敗談でも嫌なことでも「こんなことがあってさ~!」と面白おかしく話せてしまう人です。
そんなふうに何でも笑いにすることで、笑う機会が増えますし、
人を笑わせて自分もハッピーになることができます。

「今日私の周りにはどんな面白いことがあるかな?」と探しながら生活すれば、
ちょっとした失敗なんかも「いいネタができた!」って思えるようになるものですよ。

☆「笑顔を作る」

毎朝、鏡の前で自分の顔を見ながら口角をあげて、意識して微笑んでみてください。
笑っているつもりでも、意外と笑えていない、笑顔が固い場合も多いです。

毎日、意図的に笑うことでお顔の筋肉も柔らかくなり、
精神的にも肉体的にもよいことが起こると思います。

鏡を見て笑うことはタダです。
是非、お試しください。