雨の日を楽しく過ごしましょう!

雨の日を楽しく過ごしましょう!
こんにちは、からだ回復センター湖西 から、梅雨の時期のお知らせです。

梅雨のこの時期は毎日ジメジメと薄暗くて憂鬱な気分になりがちなもの。

でも、ちょっと考え方を変えてみれば、雨の日も楽しく健康に過ごす方法があるのです!

 

☆ 雨の日には特別な視覚効果あり!

「夜目、遠目、傘の内」という言葉をご存知ですか?

暗い夜間や、遠く、顔がはっきりしない傘の中の方が(女性が)美しく見えるということを表しているものです。女性にしてみれば失礼極まりないと思われるかもしれませんが、もし本当なら、薄暗い雨の日の傘の中はとてもきれいに見えるのではないでしょうか?

 

写真を撮る際にも、すっきりと晴れた日より、薄く曇っている日の方が情緒のある、きれいなショットが撮れるといわれています。光量がやや少ない方が、まぶしさがなくて色が映えるからでしょう。薄暗い雨の日の特別な視覚効果で、あなたの来ている服や肌の色も、いつもに増してきれいに見られているはずです。

 

☆ 出かけるのがおっくうな時は

おしゃれな傘やレインブーツを身にまとって、雨の日でも楽しくお出かけしたいものですが、正直なところ「濡れるから面倒」と出不精になってしまいがちです。

 

そんな時は家の中での過ごし方を変えてみましょう。

ひまだな~とゴロゴロするばかりでは、体にもよくありません。

「健康的に」「ゆっくり」過ごすコツは「何にでも時間をかけること」です。

 

たとえば、食事の時にゆっくり噛むようにすると、食べる量が抑えられるだけでなく、消化が良くなることで胃の負担が軽くなったり、顔の筋肉が鍛えられたり、などといううれしい効果があります。

 

また、ゆっくりお風呂に入るのもいいですね。時間を気にせず、カメになった気持ちでゆったり行動してみてください。

 

☆ 湿度が高い時はぜひアロマを

においと湿度の関係はとても深く、乾燥しているとにおいは弱く感じられ、湿度が高いとにおいも強くなります。そんな湿度の効果を利用して、お部屋の中をいい香りでいっぱいにするのも、この時期ならではの過ごし方と言えるでしょう。

 

アロマは、香りごとにそれぞれ効果があるとされています。

おススメは、肩こりや痛みに効くローズマリー。なんとなく重くてだるいと感じる体をすっきりさせてくれます。

お店に行って、いまのご自身の気分に合うものを探すことから始めてみましょう!

ただし、できるだけナチュラルなものを選ばれると良いでしょう!

 

 

梅雨が明けたら夏到来。

6月は、本格的に暑くなる前の休息期間といえるでしょう。5月中に何日かあった夏日だけで体力を奪われてしまったという方は、夏になる前にしっかりと体力をつけて、乗り切ってくださいね。寝不足していたり、栄養バランスの偏った食事をとったりしていませんか?生活習慣の見直しをしてみましょう。

 

体の歪みは万病のもとです。

疲れやすい、だるい…という症状も歪みからきていることがあります。

 

体が歪むと血液の流れが悪くなり病気になりやすくなります。
傷みの症状もなかなか良くならないことが多いので、お体に関してご不安なことや、ご質問がございましたら、いつでもご相談ください。

前の記事

梅雨時の健康新着!!